キャッシングでいますぐ30万円調達したい人が読むサイト

30万円今すぐ借りたい人が気にしておきたい返済のこと。

毎月の返済

30万円今すぐ借りたいと思っている人、
毎月の返済額や返済方法についてきちんと考えてますか?

 

急なキャッシングほど綿密な返済計画が必要だったりします。

 

消費者金融で30万円借りたとき、どんな返済方法になっていて、
毎月どれくらいの支払いで、どれくらいの期間で完済できるのかじっくり見て行きましょう。

 

消費者金融の返済方法はリボ払い

大手消費者金融の返済方式はリボ払いとなっています。
リボ払い

 

例えばプロミスは「残高スライド元利定額返済方式」となっていて、
これは簡単に言えばリボ払いです。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式は残高により毎月の返済額が変わるので、
借入残高が多く残っている借入初期は返済額が大きく、
残高がほとんどない完済手前になると支払額も減っていきます。

支払い減る

 

消費者金融のリボ払いはクレジットカードのリボ払いのように
いくら借りていても毎月の返済が同じ額ということではありません。

 

クレジットカードのリボ払いは完済までなかなかたどり着かず過払いになることがあるので、
その点プロミスが採用している残高スライド元利定額返済方式は
返済額が最初のうちは大きいとはいえ、確実に借入残高を減らしていけるので安心です。

 

30万円借りたらどれくらいの支払いになる?期間は?

プロミスで30万円借りたとしましょう。
プロミスでは30万円以下の借入なら返済回数は最大で36回までとなっています。

 

30万円の借入を最大の36回で返済していくと仮定して、
初回の返済額は10,815円となります。
初回が10,815円なので返済が進むにつれ、毎月の返済額は下がっていきます。

 

11,000円ずつ返済すると考えて30万円を36回で返済すると総額387,289円になります。
利息は3年間で87,289円ということになります。

 

キャッシングは早く返した方が金利が安くつくので、

  • 2年間で完済=月15,000円の返済→総額358,508円(利息58,508円)
  • 1年間で完済=月28,000円の返済→総額329,160円(利息29,160円)

となります。

 

利息を含めた総額を見ると、出来る限り早く完済したい気持ちになります。

 

3年と1年では同じ30万円借りて支払った利息が58,129円も差が出ます。

 

出来る限り利息を低く抑えて完済したいなら
余裕があるときには余分に返済すると返済期間も短くなるし支払う利息の総額も抑えることができます。

 

毎月の返済額をクリアにしておくことで滞納も防げるはず!

返済方法を考える

借りる前に毎月大体これくらいの額を返済すると決めておけば、滞納することもないはずです。

 

利息がかかってもいいから毎月の返済額を抑えてのんびり返したいのか、
毎月の支払額が上がってもいいから利息を抑えて早く完済したいのか、
自分にあった方法で完済を目指しましょう。

 

プロミスでは返済シュミレーションのサービスもあるので活用してみるとより分かりやすくなるはずです^^

 

トップページに戻る